相続登記(不動産名義変更)CATEGORY

キーワード検索

Keywordでページを検索

相続登記

相続登記について

相続登記とは

相続登記とは、不動産の名義人が死亡した場合に、その不動産を相続人の名義に変更する登記をいいます。
通常は、相続人の全員の話し合い、すなわち遺産分割協議により、特定の不動産を取得する人を決めますが、遺言がある場合には遺言に基づいて登記をすることになります。
※なお、自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所への遺言書検認の手続きが必要になります。

相続登記の申請期限

相続登記は、税務申告等と異なり、法務局へ書類を提出する期限はありません。
それは、登記は義務ではなく権利だからです。
しかし、だからといって、いつまでも遺産分割協議せず、相続登記を放置していてよいという訳ではありません。

手続きの流れ

  • 戸籍等の必要書類の収集
  • 登記事項証明書・権利証等による物件調査
  • 遺産分割協議書の作成
  • 管轄法務局へ相続登記の申請
  • 登記完了  登記識別情報の取得

相続登記・必要書類

  • 被相続人の戸籍謄本・除籍謄本(出生に遡るまでのすべて)
  • 被相続人の戸籍附票
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の印鑑証明書
  • 不動産を取得する方の住民票
  • 遺産分割協議書(実印を押印)
  • 不動産の登記簿謄本又は権利証
  • 不動産の固定資産評価証明書

相続登記の登録免許税について

不動産の名義変更をする場合には、登録免許税という税金を納付する必要があります。
相続登記の場合は、固定資産税評価額の4/1000に相当する税金を納付する必要があります。

まずはお気軽にご相談ください。

新宿地図

事務所へのアクセス

JR各線「新宿駅南口より徒歩4分」

仕事帰りのお客様や、全てのお客様にとって、よりお気軽に
相談に来て頂けるよう便利な場所に事務所を開設してます。

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2丁目5番1号 羽田ビル503

もっと見る

ページ先頭へ戻る